[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

キリ・実・那岐のまったり瀬戸内旅行 最終回



 キリ「最後に、お土産でも買って帰ろうぜ」

 実「いいね!興行場のみんなに何か買ってあげないとね!」

 那岐(コクリ

 キリ「「さて、みんなが喜んでなおかつ広島土産だと分かるもの…………
 なあ実ちゃんよ」

 実「何かー?」

 キリ「お土産に最も向いていカープグッズって何だと思う?」

 実「言うと思った」

 キリ「バレたか
 ってなるとこのコップをみんなに買って帰ろうと思ったのに……」
 カーププラカップ一覧

 実「単なる飾りにしかならないんだから良かったじゃん」

 キリ「じゃあ自分用に1個買って帰るか」

 実「誰か好きな選手いるの?」

 キリ「今はいないな、昔なら天野とか広池とか」

 実「???」

 那岐(???

 キリ「ま、まあ後でWikipediaか何かで調べておいてくれよ
 とりあえず、この中で気になるのは…………コレだ!」
 カーププラカップ
 カーププラカップ 福井優也

 実「えっとHUKUI、福井選手?」

 キリ「そう、2010年ドラフト1位指名された有望株
 1年目はそこそこ勝ち星おあげれたんだけど、そこから2年は不振のシーズンが続いて

 でも今年は2年ぶりの勝利で挙げて復調の兆しを見せてるんだ

 実「??????」

 那岐(??????

 キリ「今年から復活しそうなイケメン投手だ
 10弾ST 福井

 実「なるほど!カープ女子の注目の的なんだね!」

 キリ「お、おう(困惑)」




 キリ「じゃあみんなへのお土産は無難にもみじ饅頭にでもしとくか」
 もみじまんじゅう

 実「ホントに無難だね」

 キリ「正直駅前で買える土産物なんて無難な商品しかないからな
 凝った商品が欲しかったらそれこそ観光地に行かねーと」

 実「なるほど」

 キリ「じゃあ、電車に揺られて帰ろうぜ

 それと、また後日打ち上げ兼反省会やるけど参加するか?」

 実「ホントに!?するするー!」

 那岐(ワーイ




スポンサーサイト

[Edit]

キリ・実・那岐のまったり瀬戸内旅行 その21


 8月22日 午後3時

 キリ「そろそろ旅も終わりだなー
 長かったような、短かったような」
 本川町駅

 実「もう帰る時間なの?まだ見てない所いっぱいあるんじゃないの?

 那岐(コクコク

 キリ「まあそうだけど、もう帰らないと仕事が始まっちゃうからさ
 それに今回行けなかった場所はまた広島来た時にいけなば良いじゃん」

 実「それはそうだけどさー、また来る機会なんてあるの?」

 キリ「旅行の機会は有無の問題じゃない、作るか作らないかの問題なんだよ

 実「なんかカッコいいセリフ!」

 キリ「なお実際言ってるのは単なる旅行狂の模様」

 実「自分でそれ行ったらダメだよー」




 キリ「さて、名残惜しいけど電車に乗ろうか」
 広島駅

 実「だねー
 でもやっぱり広島って都会だよね、駅前に人がいっぱいだよ」

 キリ「だな、にしても人多くね?
 てか何か見覚えのある服がよく見えるんだが……」

 那岐(ウンウン

 キリ「何か興行場でユーキがたまに着てる服の集団がいっぱい」

 実「アレって、もしかして阪神タイガースのユニフォームなんじゃ…………」

 キリ「よし!予定変更して野球見に行こう!」

 実「いや待って!
 たった今帰ろうって話してたじゃん!明日から会社始まるって言ったばっかりじゃない!」

 キリ「いやいや、ちょっと待ってくれよ
 確か今日の先発は…………藤浪とマエケンだと!!これは野球ファンとしては見ざるを得ない!!
 18弾 SS藤浪
 18弾 SS前田健太

 実「帰れなくなって遅刻したら社会人的にはダメなんじゃないの!?」

 キリ「痛い所を突いてくるね、キミは」

 実「女子高生でも知ってる一般常識を言っただけなんですけど……」

 キリ「しゃーないな、でもちょっとだけ!
 外から球場の雰囲気をちょっと味わうだけだから!」

 実「でも帰りの電車なくなるんじゃないの?」

 キリ「そこは大丈夫
 1時間遅らしたら、家への帰宅時間が夜中の12時になるだけだ

 実「それは仕事に差し支えの出るレベルなんじゃ…………」

 キリ「なーに、野球で気力を養うからトントンだよ」




 キリ「おおー!往年の名選手たちの紹介パネルがいっぱいあるな!
 衣笠、外木場、北別府に大野、たくさん有り過ぎて写真が取れない」
 巨大パネル 衣笠祥雄
 巨大パネル 外木場義郎
 巨大パネル 北別府学
 巨大パネル 大野豊

 実「だめだ、私には全く分からない世界だよ」

 那岐(コクリ

 キリ「ならユーキでも連れて来たら良かったかもなwww」

 実「今度来るときに連れて来たらいいじゃない」

 キリ「考えとくわ
 ってコトでズムスタなう、試合見れないのは残念だけど」
 MAZDA ZOOM-ZOOMスタジアム

 実「それで、どうするの?」

 キリ「実ちゃんは知らないだろう
 この広島市民球場からZOOM-ZOOMスタジアムのギミックの数々を」

 実「何それ?普通の球場じゃないの?」

 キリ「ここは野球のスタジアムじゃないんだ
 野球をよりレジャー感覚で楽しめる“ボールパーク”なんだ!」

 実「ぼーるぱーく?」

 キリ「簡単に言えば、従来の野球観戦とは異なる見方で野球を楽しめるんだ」

 実「なるほど!」

 キリ「今回はその一つから野球観戦、その名も“ただ見エリア”から」

 実「ただ見エリア?もしかして無料で野球見れちゃうの??」

 キリ「そう言うコト」




 キリ「あったあった、ここだよ」
 ただ見エリア案内看板
 ただ見エリアについて

 実「思ったより狭いんだね」

 キリ「まあそんなもんだよ、無料だし」

 実「ふーん」
 廣瀬@ただ見エリア
 ロサリオ@ただ見エリア
 廣瀬&ロサリオ@ただ見エリア
 庄司隼人@ただ見エリア

 実「だからって30分もしがみつく事は無いんじゃないかしら」

 キリ「はぁー(恍惚)」



[Edit]

キリ・実・那岐のまったり瀬戸内旅行 その20


 8月22日 午後1時

 キリ「腹も膨れたし、次は広島で有名な原爆ドームでも見に行くか」

 実「広島随一の観光名所だね、名所って言って良いのかは分からないけど」

 キリ「まあ正直微妙だよな
 でもこの時期だとアレがいるかもしれないぞ」

 実「アレ?」

 キリ「そう!毎年8月6日に広島で行われる平和式典
 それに参加するも無事死亡した某畜生が、そろそろ復活して大暴れする時期だと思うんだ」
 OLP7弾03 小笠原

 実「???」

 キリ「さあ、不謹慎を愉しもうではないか!
 那岐も得物を狩る為の銃はシッカリ準備しろよ」

 那岐(ガチャッ

 実「え?何いきなり戦闘モード!?
 私この展開ついて行けないんだけど!?
 てかさっき戦って負けたダメージも残ってるんですけど!!

 キリ「大丈夫だ、巨人小笠原はそれを凌駕するトラウマを植え付けるから!

 実「イヤだー!!そんなのと戦いたくないからー!!!!!!」




 キリ「って展開を考えてたんだけど
 原爆ドーム周囲とか平和記念碑のシンミリとした空気感じたら書く気無くなったわ
 原爆ドーム①
 原爆ドーム②
 原爆死没者慰霊碑
 平和の子の像

 実「ただ時間が無くて書かないんじゃないの?」

 キリ「別に書いてもいいんだぜ、異常震域興行場VS巨人小笠原
 だけどな、原爆ネタで笑ってる人は、一度来てみるといいわ
 あの空気を味わったら原爆ネタとかに嫌悪感覚えるから

 実「確かにシンミリとはするけど、そこまでかな?」

 キリ「まあ俺ってそう言うモノとか特に影響されやすい人だからさ
 まあ今回は不謹慎ネタ自重させてもらうわ

 ってことで平和記念資料館でも見て来るか」
 広島平和記念館

 実「まあ、せっかく来たんだから行かないとね」

 キリ「実ちゃん、そういう所案外ドライなんだな」

 実「あんまり戦争とかそういうのって馴染みが無いからねー
 よく分かんないってのが本音
かな」

 キリ「まあ俺も中学生くらいの頃はこんな感じだったし
 もっと大人にならないと平和学習なんてつまんねーよなぁ

 実「ねー」

 那岐(コクコク




 実「グスッ……グスッ、平和って、平和ってさ、とっても大切な事なんだね……」
 太田川の眺め

 キリ「あんな事言っといてバッチリ影響されてんじゃねーか!」

 実「だって……だって、戦争で、原爆であんなボロボロになってさ
 苦しい覆いして、さ…………そんな時代なんてイヤだよぉ……」

 キリ「はいはい分かった、分かったから」

 実「うう、でも!可哀想だよぉ……
 生まれた時代が悪かった、だけで、あんな辛い目に遭うなんてさぁ」

 キリ「まあ、平和学習ってのは辛い時代を生きた人の経験を学んで
 それを後世に伝えて、同じ過ちを繰り返さないためにある
んだよ

 だから辛い思いを知ることが大切なんだ」

 那岐(ツライデス
 OLE01弾09 新井

 キリ「那岐、てめえは自重しやがれ!」

 実「ううっ、グスッ……」

 キリ「でもそろそろ泣き止め、落ち着け、な
 コンビニでアイス買ってやるから」

 実「…………ハーゲンダッツでもいい?」

 キリ「お、おう」




 

[Edit]

キリ・実・那岐のまったり瀬戸内旅行 その19


 8月22日 午前11時

 キリ「広島港から電車で揺られて約20分
 中国地方一の大都市、広島市の市街地に到着します!」
 広島市内①
 広島市内②

 実「ご飯の時間だー」

 キリ「朝5時半起きで飯抜きとか、よくよく考えたら狂気の沙汰だわ」

 実「ホントそうだよ!
 早く広島風お好み焼き食べに行こう!!」




 キリ「描き手さんに、市内で有名かつ美味しいお好み焼き屋さんがあるって聞いたんだけど
 えっと、どこにあるのかね?」

 実「お店の名前とか場所は聞いてないの?」

 キリ「店名は聞いてるよ、確か“徳川”ってお店だと」

 実「場所は?」

 キリ「今スマホでグーグルマップ出してるから、もう少し待ってくれ
 えっと、確かこの通りのビルの2階にあるらしいんだけど

 あっ、あったあった!」
 徳川 総本店


 実「ちょっとお洒落なお店ね」

 キリ「そうか?俺的には居酒屋みたいにハシャぐタイプに見えるわ」

 実「これが学生と社会人との経験の差なのね…………」

 キリ「いや知らねえよ
 とりあえず店入って注文しようぜ」




 キリ「さて、早速広島風のお好み焼きを作るとしますか!」

 実「おおー!」

 那岐(オオー!!

 実「それで、どうやって作るの?」

 キリ「俺は何も知らない!
 だがこのお店は初心者にも凄く優しい事に、作り方を置いてくれているのだ!」

 実「」
 広島風お好み焼き 作り方

 キリ「さあ作るか」
 広島風お好み焼き 材料

 ①生地を薄くひく
 広島風お好み焼き①
 ②固まった生地の上に野菜を乗せる
 広島風お好み焼き②
 広島風お好み焼き③

 ③2、3分焼いてひっくり返す
 広島風お好み焼き④

 ④ひっくり返した生地を焼きそばの上に乗せる
 広島風お好み焼き⑤

 ⑤④を焼いている間に卵の生地を作る
広島風お好み焼き⑥

 ⑥卵の生地の上に本体?の生地を乗っける
広島風お好み焼き⑦

 ⑦卵の生地が上になる様にひっくり返す
 広島風お好み焼き⑧

 ⑧ソース・青のり・鰹節等をお好みでかけて出来上がり!
 広島風お好み焼き⑨


 キリ「完成!」
 広島風お好み焼き⑩

 実「見た目は悪いね」

 キリ「俺の不器用さを舐めるな」

 実「味と匂いが写真から伝われば魅力が伝わるのに、もったいないなー」

 キリ「これ絶対営業妨害に値するよな
 いつぞやのマクドナルドのクラシックポテトみたいな
 客側がチーズかけるのに、見た目の悪さを企業のせいにされるアレ


 つまり何が言いたいかというと
 徳川で食べれる“広島風お好み焼き”の味は異常震域興業場が全力保証します!

 実「店員さーん、このお好み焼きは営業妨害で訴訟するレベルですよねー」

 キリ「ちょっとまてやお前!」

 店員(♀)「私もずっと広島住んでるんですけど、広島風作れないんですよー」

 キリ「ですよねー、自分関西から来てるんっすけど広島風初めてだから食べてみたくて
 でも初めて作ったから上手く出来ないんすよねー」

 店員(♀)「正直、関西風の方が簡単だからよく作るんですよ!」

 キリ「いいんっすか、店員がそれでwww」

 店員(♀)「良くないですよねーwww」

 実「何だこの関西人特有の妙なコミュ力」



[Edit]

キリ・実・那岐のまったり瀬戸内旅行 その18


 那岐の携えるライフル銃口が男に襲いかかる

 その弾丸を全て紙一重で避け、一歩ずつ確実に距離を詰める

 近寄ってきた男には、手に炎を纏わせて筋力以上の威力を実がパンチを振るう
 これは経験の差か、実の拳は全て空を切る

 那岐は男の避ける方向を予測して銃を放つが、それすらも躱されてしまう

 男「全く連携が出来てないな、少し作戦を練る時間を与えてやろうか」

 実「何をー!」

 バンッ

 那岐が男の足元へ一発放つ

 実「ちょっと!急に何すんの!?」

 那岐(ジッ

 実「…………」

 那岐(ジッ

 実「…………なるほど、ね」

 男「理解力が多少はあるようだな、行動に移せるかの話は別だが」

 実「口だけじゃないかはアンタを殺して試してあげるわ」

 男「最近の子供は口が悪い」

 実「アンタら中年が実施したゆとり教育のせいよ!」


 そう吐き捨てると、実は足にも炎を纏わせて男との間合いを詰める
 激しい床ステップが焼けて焦げ臭い匂いが一面に漂う


 男「足に魔法をかけて威力とスピードを上げたのか、やはり馬鹿だな」

 実「なっ!?」

 力強く振った拳が空を切って、勢いのままに前のめりになってしまう
 そしてそのまま船の手すりから海に向かって飛び出してしまった

 那岐(バッ

 こうなるのを分かっていたのか、那岐が素早く手を差し伸べる
 空中で何とか手を掴んで、実をどうにか船に引きずり上げた

 那岐(ハアハア

 実「ごめんね、ありがとう」

 那岐(イヤ、ダイジョウブ

 男「なんだ、結局理解力が低いじゃないか、そこの小娘」

 実「クソー!」

 那岐(フルフル

 実「那岐くん…………」

 男「仕事の関係でこっちに来て、その移動時間の暇つぶしにと思ったのだが
 しかし、ここまで弱いとは想定外だったな、暇潰しにもならないとはな」

 実「なっ、なによ!」

 男「弱い犬ほどよく吠えるとはいい言葉だな
 まあこんな雑魚共を殺しても仕方ない、今日の所は見逃してやろう
 もう1人の男と楽しい旅でも過ごしてくれよ」

 男はそう言った瞬間、2人の前に強い突風が吹き、忽然と姿を消してしまった

 残されたのは、全力で挑んだにも関わらず全く歯が立たなかった現実に愕然とする実
 同じく自分の実力を発揮するも通用せず、甲板に膝を落としうなだれる那岐

 実「あの男は何だったの……」

 那岐(…………

 実「どうすればいいんだろう、私たち
 これから、どうなるんだろう」

 那岐(…………

 キリ「ん?こんな所にいたのか
 2人とも、もうすぐ広島に着くから降りる準備しろよ」

 実「キリさん…………」

 キリ「どうしたよ実ちゃん、それに那岐も
 何かあったのか?」

 実「…………ううん、何でもないよ
 そうだ!私お腹すいちゃったから早く何か食べに行こう!」

 キリ「おう、何か元気なさげかと思ったけど大丈夫みたいだな」

 実「私はいつだって元気だよ!こういう所はお姉ちゃんと一緒なんだから」

 キリ「“残念ながら”が抜けてるぞ」

 実「キリさんお姉ちゃんの扱いがひどーいww」

 キリ「そうか?wwww」

 那岐(…………




プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。