[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

キリ・実・那岐のまったり瀬戸内旅行 その14


 8月22日 午前5時

 キリ「だからユーキ、ふざけるのやめロッテ」

 那岐(ツンツン

 キリ「土井、お前は暴れすぎだ!少しは大人しくしてくれよ!」

 那岐(ゴリゴリ

 キリ「梗子さん旅行連れて行くから、もうやめてくれよー」

 那岐(ガコッ……ジャキッ!!

 キリ「っておい!!
 何いきなり俺を撃ち殺そうとしてんだよ!?」

 実「静かに、周りの人に迷惑でしょ」

 キリ「ああ、すまん
 で、コレは一体何の真似だよ?」

 実「それはこっちのセリフよぉ
 今日は早起きして朝から温泉入ってサッパリするって言ったじゃん」

 キリ「あ、ああ?そうだったっけ?」

 実「もう忘れちゃったの?
 とにかくホテル早くチェックアウトして、道後温泉に行こう!」

 キリ「だな、せっかく松山来たんだし満喫しようか」

 那岐(キリカエハヤイナ




 キリ「夏の朝は気持ち良いな」
 松山市駅
 線路@愛媛

 実「早起きは苦手だけど、たまにすると清々しいね!」

 キリ「心地よい風と強過ぎない光が生み出す澄んだ空気と、賑わう街が静かな非日常

 実「あ、分かる!」

 キリ「散歩するにはもってこいだわ」

 実「だねー」

 那岐(ウンウン




 キリ「お、面白そうなミュージアムがある」
 坂の上の雲ミュージアム 看板

 実「坂の上の雲?天気の博物館?」

 キリ「違う違うww
 司馬遼太郎の小説で“坂の上の雲”ってのがあってだな
 その作品の舞台の1つになったのが松山なんだ」

 実「??????
 へえー、そうなんだー」

 キリ「大河ドラマやってたんだけど知らない?」

 実「私、NHK見ない派だからー」

 キリ「あらら

 じゃあコッチは?」
 坊っちゃんとおかしな仲間たち

 実「何コレ?」

 キリ「坊っちゃんって小説知らん?夏目漱石の」

 実「夏目漱石はどっかで聞いた事あるんだけど…………
 ああ!思い出した!昔の千円札に載ってた人でしょ!」

 キリ「おう、千円札には載っていたが小説家として有名だから載ってたんだぞ」

 実「??????」

 キリ「おk、もういい」




 キリ「しかし、歩いても歩いても全然道後温泉に着かないな」

 実「意外に距離あるのね」

 キリ「でもバスも電車も始発まだだし
 いっその事タクシーでも使うべきだったか?」

 実「でも、朝の澄んだ空気吸うのもリフレッシュになるからいいじゃん」

 キリ「まあ確かに、そう考えたらこの距離も気にならないな」

 那岐

 キリ「ん?看板がどうかしたか?」
 2km……


 実「朝から2kmの散歩はないわ」

 キリ「ごめんなさい」




スポンサーサイト

[Edit]

2014年 振り返ってみた 後編


 土井「もう1月3分の2終わってるんですから去年くらいサッサと振り返って下さいよ!」

 岡崎「そうよ!いつまで実ちゃんと那岐くんを愛媛に放置するの!?
 早くカプセルホテルでの夢から醒めなさいよ!」

 キリ「分かった!分かったから黙れ

 それでは野球観戦のみの7月飛ばして8月
 前半は鎌倉
 鶴岡八幡宮 本殿
 江ノ電①
 新江ノ島水族館

 埼玉・大宮
 大宮球場
 大宮球場 一望

 グンマー・草津
 草津温泉 湯畑①
 草津温泉 湯畑④

 千葉マリン
の弾丸ツアーに行ったな」 
 QVCマリンフィールド
 ピッチャー・押切もえ②

 ユーキ「物凄い強行日程ねー」

 キリ「平成のミスター弾丸ツアーだからこれ位は余裕よ
 グンマー族に襲われる悲劇は予想してなかったけど……
 グンマー①
 グンマー②
 グンマー③


 でも一番の思い出は行きの高速バスだな
 就活やってる一つ下の後輩君と仲良くなって、アドバイスした事
 ついでに朝ご飯もおごった
なぁ」

 ユーキ「あったねー
 それで彼は今どうしてるのー?」

 キリ「…………そういやそれ以降全く連絡取ってねーや」

 土井「後輩想いと見せかけて酷いっすキリさん」

 キリ「まあ気が向いたら連絡取るわ

 次に夏の旅行後半
 今ブログで書いてる途中だけどまずは香川でうどん
 手打ちうどんつるや

 そして愛媛の道後温泉
 松山駅 ばりぃさん
みかんカラーの路面電車
道後温泉本館

 ここでも鹿児島から来た夫婦の方と仲良くなったり
 女子中学生の記念撮影してあげたり、湯上りにパシりになったり

 いい思い出がたくさん詰まってるわ」

 ユーキ「そしてこの後さらなる衝撃がキリさんを待っているのですー」

 岡崎「あと10月にも旅行に1回、年明けにも1回行ってるのよね
 でも、その詳細を語れるのは一体いつになることやら」

 キリ「さらに言っちゃうと、去年の1月と2月の旅行も封印されっぱなしなんだよな
 写真いっぱい撮影してブログネタもいっぱい用意してるけど」

 土井「俺の活躍とかもっと書いて欲しいんっすけどねえ」

 ユーキ「そうだよー
 せっかく作ったアタシたちの裏設定も活かされないままじゃないー」

 キリ「だから分かったって!
 今年こそシッカリブログ更新していくから待ってくれって!」

 岡崎「イマイチ信用できないのよねぇ」

 ユーキ「全くそうだよー」

 キリ「梗子さんに言われるのは構わねえがユーキには納得できねえ!」

 土井「信よ」

 キリ「お前は義理人情について一切語るな!」




 キリ「と、言う事で去年は野球と旅行と時々バトル物書いて
 さらにリアルが忙し過ぎたおかげでブログが殆ど捗らない1年でした

 今年こそは時間確保して書いていきたいので応援よろしくお願い致します

 岡崎「拙文ですが、温かく見守って下されば幸いです」

 ユーキ「あと阪神タイガースの日本一も応援よろしくねー」

 土井「それと、俺の活躍も期待しててくれよな!」

 実「土井くんズルい!
 私だって活躍するからみんな待っててね!」

 田所「僕は、今年出番増やしてくれるんですか……」

 那岐(フルフル

 田所「那岐くん酷いっす!」

 キリ「えー、こんなメンバーですが今年もよろしくお願いします!」



[Edit]

2014年 振り返ってみた 中編


 キリ「ただ3~5月までは新生活準備とか、インターネット環境整ってなかったり
 しばらく更新できない日々が続いたんだよね

 その間はプライベート過ぎてブログに書けない事だらけだけど」

 ユーキ「その頃は興行場完全放棄してたもんねー
 そして今回も2週間放置

 キリ「マジで忙しくてな、遊びに来れなかったんだよ
 正月2週間は休みが殆どなくて忙しかったんだ、すまん

 岡崎「キリさんが来ない間、私たちは必死に仕事片付けてたりね」

 ユーキ「でもキリさんが遊びに来ないと何故か事件とか面白い事起こらないよねー」

 土井「そういやそうだな、不思議な事もあるんだな」

 キリ「そうなのか!?
 まあアレだ、主人公補正的な奴だろ」

 ユーキ「このブログはその主人公が積極的にメタ発言をしていくスタイルなんですー」



 キリ「で、興行場に帰ってから最初の頃は野球観戦が多かったよな」

 土井「何で観戦、しかもオリックス中心だったんっすか?」

 キリ「単純に、行きやすい条件が揃ったからかな
 今は神戸に住んで金銭的にも余裕が出来てな

 それで球場に行きやすく、空席多数でチケットが取りやすいって理由から
 バファローズファンクラブ(ゴールド)に入会
したんだ」
 バファローズBsSpiritsユニ&ゴールド会員証

 ユーキ「そしたら何故か勝ちまくって2位になっちゃうとかねー」

 キリ「球場でホークス優勢の情報が発表される度に溜息・ブーイングは辛いわ」

 ユーキ「そんなキリさんのバファローズ戦の観戦時成績はー?」

 キリ「16勝6敗」
 18弾 SS涌井

 ユーキ「涌井がその成績を残せるですかー?」

 キリ「この頃なら(震え声)」
 1弾 MI涌井




 キリ「そして運命の7月、新垣まさかのヤクルトへのトレード
 でも俺はこのユニフォームで観戦に行き続けるからな」

 岡崎「まあ、そういうのは個人の好みだから咎めはしないけどね」

 ユーキ「でも今年ホークス戦全然観戦してないじゃないー」

 キリ「4回見に行って3勝1敗」
 16弾 NW宮川
 18弾 NW鶴
 20弾 NBマエストリ
 20弾 NB大隣
 17弾 ST大原

 ユーキ「意外と勝ち星先行してるんだー
 なら来年はもっと見に行かないとねー」

 キリ「行けたら行く(行くとは行ってない)」

 ユーキ「行けたら行け(ただし絶対に行く)」

 岡崎「何か意味が分からない会話の応酬になってるんだけど……」

 キリ「次回、怒涛の旅行編いきます!」

 岡崎「ムリヤリまとめた!?」




[Edit]

2014年 振り返ってみた 前編


 キリ「ここは?」

 ユーキ「こ↑こ↓は夢の世界だよー」

 キリ「夢の世界って…………」

 土井「キリさんあけおめ!」

 キリ「あけおめ
 で、何で俺はこんな世界にいるんだ?」

 土井「正確にはキリさんがいるんじゃないんっすよ
 キリさんの中に俺らがいるんっす

 キリ「は?」

 ユーキ「だからねー、ここはキリさんの夢の中なのー
 最近キリさん旅行の記事ばっかりで私たちが登場しないでしょー

 キリ「そうだな」

 岡崎「だから私たちが夢の中に登場する体で去年の振り返りをしようって事なの」

 キリ「お前らの誰にそんな技使えるのがいるんだよ?」

 土井「おいおいキリさん、こういうプロフェッショナルを忘れてもらっちゃ困るぜ」

 キリ「お前か、何回失敗した?」

 ユーキ「2回くらいかなー
 間違えて那岐くんの真っ白な夢とかはいいんだけどー
 田所のマッスルボックスに連れ込まれたときはマジで土井諸共殺そうかと思ったよー」

 キリ「それは殺しても構わねーな」

 ユーキ「でしょー」

 岡崎「殺すか否かは後で議論するとして、そろそろ本題に入りましょう」




 キリ「1月は一昨年の年末から去年の年始に掛けて蓄積した
 ワタミ正社員並の初任給を使って、下呂温泉に日帰り旅行に行ったな」
 下呂温泉街
 下呂大橋
 下呂の街並み


 土井「そして露天風呂で美女とのハーレム形成からの酒池肉林
 この光景を見て俺はキリさんに一生ついて行こうと決めたんだっけな」

 キリ「記憶捏造してんじゃねえよ、普通にじいちゃんばっかだったわ
 そのあと寒い真冬の岐阜で温かい牛串食ったり足湯に浸かったり

 ユーキ「あとは一時期だけど土井の晒し首がブームになったわねー」
 さるぼぼ(60cm)と化した土井

 キリ「懐かしいからやってみるか、梗子ちゃん!」

 岡崎「はい!」

 土井「ちょっと待て、何で俺夢の中で縛られてんの!?
 ユーキ!てめえ!俺を人形に詰めようとすんじゃねえ!」

 ユーキ「観念しなさいよー
 キリさんは足押さえてー、梗子ちゃんは魔力の枷を嵌め込んでー」

 岡崎「はい!」

 土井「ちょ!?てめえら後でぶっ殺すかんな!マジd」
 立ちつぶらon土井

 ユーキ「懐かしいわねー
 こんな事やったのってもう1年前なのねー」

 キリ「あの頃は時間も有り余っててフリーダムだった思い出」

 岡崎「いつまでフリーダムだったの?」

 キリ去年の1・2月はまだフリーダムだったぞ
 清水寺に初詣行って凶引いてきたり、ブログには書いてないけど北海道行ったり
 清水寺 おみくじ 結果
 
 あとは豊郷小学校で大暴れしたりとかな」
 豊郷小学校
 豊郷小学校 豊郷町観光案内所内
 異常震域興行場 取材済

 ユーキ「あったねー
 キリさんはまた長編書くつもりなのー?」

 キリ「もうそんな時間が無いからなぁ
 暇があったら全力でストーリー仕立てのブログ書きたいのが本音
 書き損ねてる北海道一人旅の思い出も、いつかはな」

 岡崎「北海道一人旅って去年の話でしょ、そんなに楽しかったの?」

 キリ「ああ、今までで一番充実した旅行だった
 もう一度味わえる、あの時に戻れるなら戻って同じルートを辿ってみたい

 ユーキ「じゃあその話はまた今度聞かせてねー」

 キリ「時間が出来ればな」





プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。