[Edit]

熊本弾丸ツアー @興行場への依頼 その22


 キリ「えー、じゃあ熊本城の事を知りたい人向けに熊本城の解説を行おうと思う
 参加したい人は手を挙げろ」

 田所「はーい」

 キリ「まあそういう展開だろうな、いいだろう」

 田所「あの2人が座学をマトモに受けるとは思えないっす」

 実「うわー!ここ凄く高ーい!
 飛び降りたら絶対死んじゃうよねー!」

 ユーキ「見てよ実ー
 下にさっき前を通った神社が見えるよー」

 実「ホントだ!すごく小さく見えるね!」

 キリ「じゃあ熊本城の簡単な歴史から」

 田所「ハイっす」




 キリ「熊本城は諸説あるが、今の形が完成したのは1606年
 今から400年以上も前に建てられたものなんだ

 当時の城主は加藤清正
 この人は豊臣秀吉の家臣の一人で賤ヶ岳の戦いから頭角を現した武将だ
 加藤清正@戦国サーガ

 城造りの名人で熊本城の建築と同時に周辺の治水工事も成功させて
 領民からの支持を得て、肥後(熊本)を治めた偉大な人である


 江戸時代に入ると城主は加藤氏から、徳川氏の信頼厚い細川氏へと移った
 細川氏は熊本城を修繕・整備・開発を続け、どんどん立派な城になっていく

 城の特徴としては急な石垣で敵の侵入を防ぐ“武者返し”
 熊本城 武者返し

 多数の櫓(やぐら)も備えており、敵の動きを見たり指示を出す等の前線の拠点に
 熊本城 飯田丸五階櫓

 それ以外にも多種多様な攻撃要素も保持しております
 熊本城 鉄砲狭間
 熊本城 石落とし


 この他にも熊本城には多数の井戸がある
 これは加藤清正が朝鮮出兵の際に籠城戦で水の大切さを深く思い知った事により
 多数のものが場内に設置されたと言われている

 熊本城は別名“銀杏城”とも呼ばれている
 この由来は場内に植えられた銀杏の木からと言われている
 植えられた理由は籠城戦時に食料の確保が出来るからだとされているが
 この木は実が成らないイチョウなので後世の創作だとか…………
 熊本城 銀杏の巨木


 ただこれらの対戦争を目的とした設備が役に立つのは熊本城築城から250年後であった」




 田所「江戸時代は平和っすからね
 250年後に何があったんですか?」

 キリ「1871年に熊本に鎮台、簡単に言えば軍隊が置かれたんだ

 その6年後の1877年、意見が合わず政界から離れ故郷・鹿児島に西郷隆盛
 廃刀令・四民平等に不満を抱いた士族(元々武士だった人)に担がれ
 政府に反旗を翻す事件、いわゆる“西南戦争”を起こした
 西郷隆盛@戦国サーガ

 西郷たちが狙ったのが政府直属の軍隊とも言っていい熊本鎮台だった
 鎮台の兵隊4000人は、熊本城に入り籠城戦を敢行
 西郷軍最大人数14000人の猛攻を22日間耐え続けた

 250年物時を経て熊本城の堅牢さを思い知らされ
 実は西南戦争勃発前までは熊本城は廃城にするという話が具体化されていたのだが
 今回の件で白紙、保護する方向に変わったという逸話もある

 以上」
 熊本城内⑥


 田所「大変勉強になりました」


スポンサーサイト

[Edit]

熊本弾丸ツアー @興行場への依頼 その21


 10月1日 16時

 キリ「せっかく熊本来たし、記念に熊本城でも行くか」

 田所「熊本の名所はキッチリ回らないとダメっすよね」

 キリ「まあ回れてない所はいっぱいあるんだがな
 通潤橋阿蘇山とかトンカラリン
 通潤橋
 阿蘇山
 トンカラリン遺跡

 田所「でもそこ、時間的に無理ですよね」

 キリ「まあな、連休じゃないと時間的に厳しいわ
 でも1ヶ所だけでも回ておきたいわな」

 ユーキ「時間も無いし早く行こうよー」

 キリ「だな」




 キリ「加藤清正の銅像がお出迎えとは豪華だな」
 加藤清正 銅像

 実「…………誰?」

 キリ「えっとな
 加藤清正ってのは…………簡単に言えば城造りの名人でな
 この熊本城も色々な工夫がされてるんだぞ」

 実「例えば?」

 キリ「熊本城には立派なお堀があるだろ」
 熊本城 堀①
 熊本城 堀②
 熊本城 堀③

 実「うん」

 キリ「江戸時代あたりかな
 このお堀に流れる川があったんだが、度々氾濫が起こって農民たちが困ってたんだ

 だから、川の水を城の周りに流れるようにしたんだ
 それで増水を抑えるのと城を守る為のお堀を造る役割を同時に果たす
 まさに一石二鳥を実現した凄い人なんだぞ」

 実「へえー」

 キリ「伝わった?」

 実「城を作るのが凄い人なんでしょ、加藤さん」

 キリ「加藤さん…………」

 実「加藤さん」

 キリ「おう、じゃあ中に入ろうか」
 熊本城 入口




 ユーキ「入場料は大人500円ですー」

 キリ「まあ手頃」
 熊本城内①
 熊本城内②

 実「ところでさー」

 キリ「うん?」

 実「熊本城って何が凄いの?」

 キリ「何が?」

 実「他のお城と何が違うの?」

 キリ「えーっとだな…………
 ほら石垣とか偉大だし、自然もいっぱいじゃん
 熊本城内③
 熊本城内④
 熊本城内⑤

 実「そうだねー」

 キリ「しかもお城白くて大きくて綺麗だろ」

 実「うん、分かる」

 キリ「だから凄いんだ!」

 実「なるほど!そういう事だったのね!」

 キリ「この魅力が分かるなんて、実ちゃんはセンスがあるよ!」

 実「ホントに!?やったー!!」

 ユーキ「流石アタシの妹ねー!お姉ちゃんも鼻が高いわよー」

 田所「…………キリさん」

 キリ「うん、説明が面倒だった
 後悔はしていないが反省はしている




[熊本弾丸ツアー @興行場への依頼 その21]の続きを読む

[Edit]

熊本弾丸ツアー @興行場への依頼 その20


 10月1日 15時30分

 前回までのあらすじ

 球泉洞の奥深くに封印された地場神を再び封印する依頼を受けた興行場メンバー
 しかしその作業途中、謎の男女に襲われ再封印に失敗
 地場神は依代のくまモンに暴走を始め、5人に襲い掛かる

 それを一時的に抑える為、実と土井の挟み撃ちで仕留める作戦を立案
 しかしそれは囮で、実際は存在感の薄い田所を背後に回し
 土井と田所の挟撃で見事にノックダウンを奪い、一時封印に成功


 だがまだ油断ならない状況
 地場神を確実に封印する最終決戦の為に、一同は熊本市内に戻り
 土井の知り合いであるとある物理学者に助けを求めるのであった…………




 キリ「その前に腹ごしらえと行こう」

 ユーキ「そうだねー
 結局朝から何にも食べてないもんねー」

 土井「何食べるんっすか?」

 キリ「やっぱりラーメンかな、熊本ラーメン
 昼過ぎだし今行ったらお客さん少なくて並ばずに食べれると思う」

 ユーキ「確かにそうだよねー
 でもー、昼から夜の間は営業してないんですー
 とかいう展開にはならないよねー?」

 キリ「それは大丈夫
 行きの夜行バスで候補店の営業時間はチェック済みだ」

 実「それなら安心だね!
 で、どこのお店行くの?」

 キリ「とりあえず駅近で有名所を当たろうかと
 まずは“こむらさき”にでも」
 こむらさき

 実「へえー」

 キリ「…………」

 実「…………」

 キリ「こむらさきはな、ってか熊本ラーメンの大半は豚骨ベースが特徴
 で、今から行くお店はその中でも1、2番目に歴史のあるお店なんだ

 実「つまり美味しいお店って事なんだね!」

 キリ(やっぱりアホの子なのか?)

 田所(時々ネジが飛ぶみたいっすね)

 ユーキ「そうだぞー
 阪神タイガース・加藤康介のピッチングみたいな深い味があるんだぞー」
 15弾 NW加藤康介

 実「その例えは分かんない」

 キリ「コイツはアホだな」

 田所「正真正銘っすね」




 キリ「JR熊本駅から市電に乗って水道町駅へ
 そこから歩いて5分くらいの所の“熊本センタープラザ”にありました」

 ユーキ「したー」

 実「した?」

 キリ「どうやらこむらさきが入っていたセンタープラザ自体が
 俺がこのブログに書くまでの間に閉店してしまっていたらしい

 実「ええー!?」

 キリ「でもご安心を
 熊本ラーメン“こむらさき”本店・上通中央店・新横浜店は、まだまだ絶賛営業中なので
 そちらに入って、どうぞ」

 ユーキ・実「どうぞー」

 キリ「この姉妹で“どうぞー”ってやってる絵、欲しいなー(カキテサンチラー」

 田所「宣伝とメタ発言はそれくらいにしてサッサと食べましょうよ」

 キリ「そうだな
 それじゃあオバちゃん、ラーメン4つで!」




 キリ「いただきます」

 ユーキ・田所・実「いただきまーす」

 キリ「うん、おいしい!」

 ユーキ「具体的にどこがー?」

 キリ「豚骨ベースで一見味が濃いとの印象にもかかわらず
 全くしつこさが感じられない、非常に飲みやすいスープ
 そのスープの味が細麺にしっかりと絡まり
 にんにく・胡椒が絶妙のアクセントになって特徴ある味を出している

 味と見た目とのギャップに驚かされる一品ですな」

 ユーキ「クソみたいな前振りから恵まれたコメントとはこの事ねー」

 キリ「いや実際マジで美味いからな」

 田所「とりあえず大盛りでおかわりっす!」

 キリ「おい筋肉やめろ」

 実「ところで土井くんは?」

 キリ「さあ、どこ行ったんだろ…………」

 田所「2杯目いただきまーす!」

 ユーキ「アタシもおかわりー」

 キリ「お前ら、ちょっとは俺の財布の事も考えてくれよ(涙目)」




[Edit]

熊本弾丸ツアー @興行場への依頼 その19


 くまモン「弱点なんかあるわけないもん」
 
 くまもん
 土井「本人は気付いてないだろうな、だから教えてやるよ
 お前の攻撃はその両手からしか出せないだろ」

 くまモン「確かにそうだもん、だがそれが……」

 土井「片方の手を使ってる間に挟み撃ちにされたら、どうよ」

 ボートの上にいるユーキの手と刀を縛る為に腕を1本使っている
 そのボートの上で次の炎魔法を撃つ構えを見せる実と、正座して待機するキリ
 対岸では土魔法で武装した土井がいつでも飛び掛かれる様に待機している

 土井「ユーキの蔓を切らねーと、黒焦げかタコ殴りの運命が待ってるぜ」

 くまモン「浅知恵だけは良く働くようだモンね」

 土井「お褒めに預かり光栄です!」

 そう言って土の腕【ゴーレムアーム】を振りかざしながら、足元の大岩を強く蹴る
 その動きを待っていたかの様にくまモンも行動を取る

 土井「ああああああああああああっ!!」

 ユーキ「キャアッ!!」

 くまモンは絡み付いていた蔓を巻き上げ、ユーキを強引に空中へ引き上げ
 土井とくまモン直線軌道上へ無理矢理放り投げる

 実「お姉ちゃんを盾に!?」

 くまモン「これでお前は攻撃できないモン
 そしてそこの小娘は火山弾にやられてしまうんだモン」

 土井「ああああああああああああっ!!」

 それでも躊躇なく殴る構えを見せる土井

 ユーキ「ちょっと土井ー!
 アタシ毎ぶっ飛ばすつもりでしょー!!」

 土井「ああああああああああああっ!!」

 ユーキ「土井ーっ!!」

 くまモン「こんな時に仲間割れするなんて、やっぱり愚かだモン!」

 ここで火山弾を撃って船の2人を沈める
 土魔法の男と黒刀を持った女は同士討ちで片方は確実に致命傷を負う
 そうなると5人のうち戦うべきは強者とは言え残り2人
 …………2人?じゃあもう1人は一体どこへ行ったモン?

 田所「ホント、こんな時に仲間割れとかバカバカしいっすよね!」

 水中から忍び寄り、田所がくまモンの背後を奪う

 くまモン「なっ!?」

 隙を付いた渾身の一撃をぶちかます
 強烈な右ストレートが振り返ったくまモンの左側頭部にめり込む

 くまモン「ぐぎゃあっ!!」

 ユーキ「ヒャアーッ!!」

 殴られた反動でユーキが振り回され、土井とくまモン軌道から逸れる

 土井「ちょ!!それはないぜ!!」

 ユーキを殴り損ねた土井は、そのままくまモンへと殴りかかる形になる
 その威力は田所に吹き飛ばされた事による実質的にはカウンターとなり
 倍以上に跳ね上がった土井のパンチがくまモンの右側頭部へ押し込まれる

 強烈な一撃を喰らったくまモンは水面を突き破り
 速度を落とさぬまま川底へと叩きつけられてその衝撃で意識を失ってしまう
 後は浮力に身を任せ浮かび上がり、ただ球磨川を漂う事になった

 土井「ユーキ!今だ、くまモンを封印しろ!」

 ユーキ「任せなさいー!」

 簡易式の封印術の為に、くまモンを一時的に封印する魔方陣を組み上げ
 ユーキは注ぎ込めるだけの魔力を込めてくまモンを球磨川のほとりに封印した

 土井「ふう、何とか無事に終わったな
 田所の存在感が薄くてホント助かったわ」

 田所「それ褒めてるんっすか?」

 土井「一応褒めてるよ、作戦成功したんだしな
 それに実ちゃんは魔力切れでもう魔法撃てないから、気付かれてたら詰みだ」

 実「そうなんだよねー
 最初の目くらましの大火球に全力注ぎ込んじゃったからさ
 でも、もしまだ魔力が残ってたとしても
 土井くんとお姉ちゃん丸ごと焼いちゃうから撃てないんだけどね」

 土井「だよなぁ、まあ田所が気付かれなくて良かったわ」

 ユーキ「もし気付かれてたら今頃アタシの顔面がえらい事になってたんだけどー」

 土井「元々えらい事になってんじゃねえか!」

 ユーキ「なんですとー!!」

 キリ「だから喧嘩するなって……
 それよりこれからどうするんだよ?もう終わったんだろ」

 土井「いやまだっす、この封印は時間稼ぎ用のモノっす」

 ユーキ「これから熊本市内に戻ってー
 くまモンを駆逐する為の最終決戦用兵器を取りに行くんだよー

 キリ「マジかよ…………」



[Edit]

熊本弾丸ツアー @興行場への依頼 その18


 土井「かと言ってボートの上だと俺の力が発揮できねえからな」

 実「そうなの!?
 何で?さっきみたいに土魔法使えないの?」

 土井「川底から引っ張り出して土の腕【ゴーレムアーム】作るのは出来る
 だけど水を排出する魔法は使えねーからな
 泥状だからすぐに形が崩れちまうんだよ


 ユーキ「じゃあどうするのー?
 人柱にでもなっとくー?」

 土井「黙っとけ、俺には俺なりの作戦があるんだよ」

 ユーキ「じゃあ教えてよー」

 土井「おう、ちょっと耳貸せや」



 くまもん「お、何かするつもりかもん?」

 実「次は私があなたの相手よ」

 船の縁に立って迎え撃つ体制を組む実
 目で相手の動きを牽制しつつ、口元に魔力を徐々に溜め込んでいく
 そして限界まで高めた魔力を勢いよく吐き出し
 急流を震わせる巨大な火の玉を出現させた

 それをアッサリ打ち抜くくまもんの火山弾
 完全に力負けをするも直撃の軌道からは辛うじて逃れられた

 ユーキ「まだまだよー」

 次はユーキが黒刀を阪神タイガースのマウロ・ゴメスの構えの様に振りかざす
 22弾 SSゴメス

 その動きを素早く察知したくまもんは左腕からスイカの蔓を出し
 構えた腕を強引に縛り上げ波動を撃たせない

 力を込めて引いてもギチギチと軋むだけでビクともしない

 ユーキ「あららー」

 くまもん「このまま川に引き摺り落としてやるもん」

 土井「やってくれよ、いやマジで」

 くまもん「何だモン?」

 土井「だからそこのクソ女を叩き落としてくれって」

 ユーキ「アンタもう味方じゃないでしょー
 後で覚えておきなさいよー!」

 くまもん「そんなことより……いつの間に川岸に移動したんだもん!?」

 土井「さっきの火の玉打ち合いの合間にな
 アレを目くらましにさせてもらって、まあ大技連発の隙を突かせてもらったぜ」

 水に濡れ、全力で泳いだからか息もやや切れ気味
 しかし、してやったりのドヤ顔を浮かべ岸部の巨岩に仁王立ちをする

 くまもん「くっ、油断してたもん」

 土井「そしてお前の弱点を狙うため
 挟み撃ちにしてやるよ」

 土を操る魔法を使い、土の巨腕“ゴーレムアーム”と戦靴“ゴーレムグリーヴ”を纏う
 船の上には再び印を構える実と、蔓に腕を捉われるユーキ
 主人公のクセに何もできない影の薄い傍観者キリ
 

 土井「見え見えだからな、お前の弱点」





プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR