[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

豊郷小学校日誌 その23


 目の前を恐ろしい速さでギターが過ぎる

 ユーキ「!?」

 憂「今から戦うのはそこの2人って事でいいのね」

 土井「ユーキ、お前動けんのか?」

 ユーキ「もちろんー」

 そう言い放ってドス黒いオーラを放つ黒刀を抜き取り、構えるユーキ
 それに不敵な笑みで応える土井

 土井「ならコッチも魔法、使わしてもらうぜ!」

 俺も本気だと言わんばかりに両手両足を広げ身構える土井
 その手足の先端に魔力を集中させる
 するとみるみる内に砂が集約され、巨大な手甲と戦靴が形作られた

 憂「魔法使いなの!?」

 土井「身体強化が主だがな、普段使わねーけど」

 唯「ういー、どうするのー?」

 憂「お姉ちゃんは男の人を倒して!」

 唯「分かったよ!」

 唯はギターから高周波を放ち土井へ攻撃する
 巨大な装備を身に付けるも、その重さを感じさせない速さで避け一気に近付く
 それに反応し、ギターを振るって牽制する

 土井は一歩下がってステップを踏むと今度は背後に回り込む
 踏み込みの勢いで力の篭った拳による渾身の一撃を放つ
 それを迎え討つは遠心力と、オーバーソウルされた柳田悠岐の力が乗り移ったギー太の一閃

 フルスイングされたギターが、高度な魔力で固められた手甲を打ち砕く

 土井「なっ!?」

 高度な魔法を破られた事による動揺
 それを打ち破ったのが女子高生という衝撃に呆気に取られる土井
 そこに畳み掛けるが如くギターが振り下ろされる

 咄嗟に反応した左腕の手甲でそれを受け止める
 今度は力で押し込みきれず弾き飛ばされる唯
 受け止めたはいいもののヒビが入り無残に砕け散る土井の手甲

 しかしすぐさま魔力を集め、再び土の鎧を形成する
 飛ばされた唯も立ち上がって次の攻撃の構えを見せる

 とりあえず様子見と、間を広げ警戒する
 しかし間髪入れずに、腕をグルグルと回しながら高周波
 それも先ほど比べるとかなり高威力のモノを繰り出してくる

 土井「うわっ!?」

 その場で耳を塞ぎ立ち竦む、動きたくても体が言う事を聞かない
 さらにビリビリと体の内側から震える感覚が襲い掛かる
 徐々に結への集中力が切れていく

 鳴りやんだか?
 そう重い耳を塞いだ手を緩め、反射的に瞑った目を開け前を見る
 黒い影、飛び掛って来た結がすぐそこまで、力強くギターを振り上げて

 恐怖感に身を任せ横っ飛びで避けようとする
 だが力を込めた左足が不意にバランスを崩す
 音波の影響で戦靴の内部が崩壊してしまったのか、それとも魔力による集束が緩んだのか
 戦靴が体重移動による重心の変化に耐えられず砕けてしまった

 魔力が抜け、形だけを残した右の戦靴にギロチンを思わせる強力な叩き付け
 物凄い爆音と共に大量の砂埃が上がり、2人の姿が消えてしまった




 黒刀を元阪神タイガース・岡田彰布の如く力強く振るって憂に挑むユーキ
 MS1弾 PM岡田

 憂「その描写いります?」

 ユーキ「無かったらアタシの猛虎魂の落ち着く場所がないじゃないー」

 憂「それ分からないから」

 茶々を入れつつも、憂はギターで反撃に出る


 脇腹の痛みを堪えながら、それを表情に出さないよう歯を食いしばり刃を撃つ
 一太刀めは外すも流れる様に次の攻撃を繰り出す
 およそ骨折している人間とは思えない華麗な動き
 糸を引くよな剣捌きでどんどん押していく

 だが当たらない
 痛みを押し殺しているだけ力が余計に入り大振りになってしまっている
 相手もそれなりの実力が、それだけではなく動きが完璧なこともある
 洗練された基本に忠実な動きから披露される目立った癖やこれといった隙が全くない

 故にぶれた刃先が身体を捉えられない
 追い込んでいる様に見えても手応えが得られない
 その当たらない攻撃が止む隙をついて反撃に遭う
 姉妹揃ってギターを武器に、姉とは異なり力が無い分よりキレが良い

 振るうギターは黒刀を避けユーキの身体を直に狙ってくる
 これを辛うじて避けるも至近距離からの音波攻撃で息を着かせない
 続いて高周波を鳴らして位置を調整させられる

 憂にとっては計算通り、ユーキにとっては図られた場所に位置取ってしまう
 そこへ向かって距離を詰められ、強烈なギターの一撃が飛んで来る
 黒刀を構え耐えようとするが、思った以上のパワーに手元から弾き飛ばされ
 衝撃に痺れた腕を反射的に抑え、痛みに耐える

 憂「満身創痍なんでしょ?もう降参してもいいのよ」

 冷たい言葉と目線を向ける憂
 それに歯向かうように、力のこもった眼差しを返すユーキ

 ユーキ「まだ本気出せてないだけだからねー」

 憂「まだそんな事言えちゃうんだ、舞姫さん」

 ユーキ「…………」

 憂「貴女ってスゴく目が良いって聞いてるんだけど
 それが弱点にもなってるって知ってるんだよ

 その弱点を付ける私に勝ち目なんてあるのかしら?」

 ユーキ「見くびるなよ」
 落合博満

 言い放つと強烈な足払いを喰らわせる
 不意打ちに対応できずそのまま尻餅をつく憂を尻目に
 床に落ちた黒刀へと阪神タイガース・西岡剛を彷彿とさせる瞬足で駆け寄る
 14弾 GR西岡

 拾い上げ再び刀を構え的に正対しようとするユーキ
 その背中に何かがぶつかる

 土井「お?」

 ユーキ「あらー、奇遇ねー」

 背中合わせに互いの敵と向かい合うユーキと土井

 土井「どうだ、何とかなりそうか?」

 ユーキ「JFKまでの磐石さとはいかないけどー
 2013年タイガース勝利の方程式並みの勝ち筋は見つけたわよー」

 土井「教えてもらおうじゃねーか」

 16弾 ST加藤康介
 15弾 ST安藤
 15弾 NB福原





スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。