[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

キリ・ユーキ・岡崎の貧乏旅行2014 その16


 10人は倒しただろうか
 重い黒刀を片手に肩で息をしながら立ち回るユーキ

 いくら歴戦の強者と言えど、同レベル化それ以上の相手に
 複数人同時に、しかも十数連戦ともなれば疲れないワケがない

 しかし相手も休ませてはくれない
 それよりも仲間がやられていく度に恨みと怒りのボルテージ
 この化け物を倒して名を挙げたいという欲望でヒートアップする一方である

 次に挑んできたのは壮年の老人
 屈強な戦士たちに交じるにはいささか不自然、しかも武器等は持っていないようだ
 グンマー⑤

 予期せぬ相手の登場に軽い戸惑いを見せ、警戒するユーキ
 それを余所にゆっくりと右手を開き、ユーキに向けてかざし…………

 次の瞬間、恐ろしい速度で紅いエネルギー弾がユーキに目掛けて飛んでくる
 これを刀で間一髪弾き飛ばす
 続いて2発目、3発目と飛んでくるが、それらすべてを刀の鋭い振りで掻き消していく
 だがその威力と攻撃数に耐え切れず徐々に後退を余儀なくされる
 後ろにキリと岡崎がいる為、攻撃を避けるという選択肢が使えないからだ
 
 それならコッチだって…………

 ユーキは攻撃の合間を縫って刀に魔術エネルギーを溜め込み、徐々に濃縮させる
 その溜まったエネルギーを球状に形作り、刀の先に集める

 力強く振るった刀から放たれる漆黒の弾丸
 それは男の放ったエネルギー弾とぶつかり、それを呑み込みなお前進を続ける
 威力こそ弱いが弾丸は男に直撃する
 思わぬ一撃に男は目を見開くも、気を持ち直しエネルギー弾をユーキに向けて撃つ
 ユーキも闇魔法によって作られた弾丸で対抗する

 相手のエネルギーをも吸収してしまう闇魔法の性質上、ユーキがグンマー族を徐々に押し返す
 一歩、また一歩と男との合間を詰め、勝負を掛けられる距離まで近付く
 そして一瞬の隙を付いて背後に回り、首元を刀の峰で叩き気絶させる



 休む間を与えず挑む次の相手は、中年手前と見られるの女4人組
 グンマー⑥

 武器とである銃・棒・肉体・魔術と軽いフットワークから繰り出される素早い連携技
 各々の異なる動きとチームワークに負けじとユーキも自慢の黒刀を振るう

 だが連戦の疲労に4VS1の数の不利で防戦一方に陥る
 間合いを取ると強引な力技で迫られ、近付きすぎると視界外から飛んでくる魔法
 加えて棒術による中距離戦、銃による打撃と発砲が適切な距離感を狂わせる


 一番フットワークの軽い戦闘術のプロフェッショナルが先陣を切って掛かる
 しかし、この程度の動きならユーキが持つ抜群の眼力を持ってすれば何てことはない

 だが他の戦闘スタイルが異なる4人を同時に相手とするなら話は別だ
 1人に集中し過ぎると3人に隙を与える

 右のフックからの左上段回し蹴りを回避、その後ろからは棒による突きが迫る
 それは左足に乗った重心を利用し飛んで避け、前転し着地
 体勢を整え反撃に出ようとするも、そこに鋭く尖った水の弾丸が襲い掛かる

 これを反射神経のみで間一髪避ける
 だが何も考えずに取った行動、それは愚策であり、戦地でそれは許されない
 その代償は畳み掛けだった

 立ち上がり様だったがユーキは何とか黒刀を抜き、銃と棒の2本の凶器を受け止める
 が、屈んだ状態から身動きが取れなくなってしまった

 そこに後ろから水魔法が強襲しようとしていた



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。