[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

キリ・ユーキ・岡崎の貧乏旅行2014 その25



 キリ「よし!3つ目の温泉入りに行くぞ!」

 ユーキ「ちょっとタイムー
 お湯が体に沁みて痛いよー」

 キリ「そんな悠長なこと言ってる場合か!」

 ユーキ「温泉ってゆっくりする場所でしょー」

 キリ「弾丸ツアーにゆっくりという概念は無い」

 ユーキ「それはないよー
 そもそも何でそんなに急いでるのさー?」

 キリ「実はな、温泉の後にもう一つ行く予定の場所があるんだ」

 岡崎「それは初耳ね」

 キリ「急遽勝手に決定したからな
 で、予定完遂しようとするなら12時5分に草津温泉発のバスに乗って
 12時35分に長野原草津口発の列車に乗らなければ間に合わないんだ」

 岡崎「現在時刻は?」

 キリ「2つ目の温泉上がりからの準備完了でただいま11時

 岡崎「あと1時間弱しか草津にいられないじゃない!」

 キリ「それだけじゃない!
 御座之湯から3つ目の温泉“西の河原露天風呂”は徒歩10分の距離でもある」

 岡崎「往復20分とお土産見て回る時間10分差し引いたら…………
 温泉に浸かれるのは準備も含めて30分ってワケね」

 キリ「迷子になる時間も計算に含めたら20分だ」

 岡崎「日常生活なら間違いなくツッコミが入るセリフだけど
 見知らぬ土地での旅行中なら妥当としか言いようのない要素ね」

 ユーキ「全力で走って流れた汗を温泉でサッパリしてー
 もう一度汗を流すって意味が分からないんですけどー」

 キリ「それこそが弾丸ツアーの楽しみなんだ!」

 ユーキ「それならもう温泉諦めて片岡鶴太郎美術館見に行こー」
 片岡鶴太郎美術館 看板

 キリ「ヤバい、ちょっと興味湧いた」

 岡崎「キリさん?」

 キリ「イカンイカン
 ここまで来たんだから、俺たちは3つ目の温泉に入って帰るぞ!」

 ユーキ「おおー」



 キリ「少し裏路地に迷いながらも歩くこと10分
 途中の片岡鶴太郎美術館の誘惑もありましたが、ギリギリの所で踏ん張り到着しました」

 西の河原公園①
 西の河原公園②
 西の河原公園③
 西の河原公園④
 西の河原公園⑤

 岡崎「キリくんの中で片岡鶴太郎はどれだけウェイトを占めてるのよ!」

 キリ「旅行先での妙な好奇心だよ」

 ユーキ「ところで温泉はー?」

 キリ「どうやらこの公園の先にあるらしい」

 ユーキ「そもそもこの公園って?」

 岡崎「西の河原公園は、草津温泉の湯畑と並ぶ源泉がある場所なの
 万代鉱山から流れ出た水が温泉となっていくつも湧き出してるの

 前にも言ったけど万代鉱山から流れ出る温泉の方が酸性は強いわ」

 キリ「で、その中心だからもちろん草木が育たない
 その様子から、ここが“賽の河原”とも呼ばれたとか何とか」

 ユーキ「賽の河原ってー?」

 キリ「三途の川って知ってるだろ」

 ユーキ「地獄に繋がってるっていうアレねー」

 キリ「その川のほとりを“賽の河原”って言うんだよ
 西の河原っていうのもその名残だろうな」

 岡崎「ここが発展したのも500年以上前だし
 そう言う事が信じられるのもおかしくない話よね」

 ユーキ「もしかしたら温泉にこんなのが入ってるのかしらー」
 シャーマンキング完全版 16巻

 キリ「まさかー」




 岡崎「鬼もいなくて、景色が綺麗な開放感溢れる素晴らしい露天の温泉だったわね」

 ユーキ「相変わらず体に沁みたけどねー」

 キリ「それは1日3回も酸性のお湯に入ったら肌も荒れるわ
 でも、ちょうどいい具合に冷えた空気と温泉の温かさがいい感じ
 まさに露天風呂の醍醐味を満喫できたわ」

 岡崎「それで、何でここはバトル展開にしなかったの?」

 キリ「うん、これ以上話を膨らませる気力は無かったんだ」

 ユーキ「VS群馬の鬼編とか面白いと思うんだけどなー」

 キリ「すまぬ、諸事情からそれは出来ない」

 岡崎「諸事情って何かあるの?」

 キリ「このシリーズが終わってからまとめて話すわ」

 ユーキ「まずシリーズ中にメタ発言もやめとこうよー」

 キリ「まあ、うん…………そうだな
 ごめん」




スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。