[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

キリ・実・那岐のまったり瀬戸内旅行 その18


 那岐の携えるライフル銃口が男に襲いかかる

 その弾丸を全て紙一重で避け、一歩ずつ確実に距離を詰める

 近寄ってきた男には、手に炎を纏わせて筋力以上の威力を実がパンチを振るう
 これは経験の差か、実の拳は全て空を切る

 那岐は男の避ける方向を予測して銃を放つが、それすらも躱されてしまう

 男「全く連携が出来てないな、少し作戦を練る時間を与えてやろうか」

 実「何をー!」

 バンッ

 那岐が男の足元へ一発放つ

 実「ちょっと!急に何すんの!?」

 那岐(ジッ

 実「…………」

 那岐(ジッ

 実「…………なるほど、ね」

 男「理解力が多少はあるようだな、行動に移せるかの話は別だが」

 実「口だけじゃないかはアンタを殺して試してあげるわ」

 男「最近の子供は口が悪い」

 実「アンタら中年が実施したゆとり教育のせいよ!」


 そう吐き捨てると、実は足にも炎を纏わせて男との間合いを詰める
 激しい床ステップが焼けて焦げ臭い匂いが一面に漂う


 男「足に魔法をかけて威力とスピードを上げたのか、やはり馬鹿だな」

 実「なっ!?」

 力強く振った拳が空を切って、勢いのままに前のめりになってしまう
 そしてそのまま船の手すりから海に向かって飛び出してしまった

 那岐(バッ

 こうなるのを分かっていたのか、那岐が素早く手を差し伸べる
 空中で何とか手を掴んで、実をどうにか船に引きずり上げた

 那岐(ハアハア

 実「ごめんね、ありがとう」

 那岐(イヤ、ダイジョウブ

 男「なんだ、結局理解力が低いじゃないか、そこの小娘」

 実「クソー!」

 那岐(フルフル

 実「那岐くん…………」

 男「仕事の関係でこっちに来て、その移動時間の暇つぶしにと思ったのだが
 しかし、ここまで弱いとは想定外だったな、暇潰しにもならないとはな」

 実「なっ、なによ!」

 男「弱い犬ほどよく吠えるとはいい言葉だな
 まあこんな雑魚共を殺しても仕方ない、今日の所は見逃してやろう
 もう1人の男と楽しい旅でも過ごしてくれよ」

 男はそう言った瞬間、2人の前に強い突風が吹き、忽然と姿を消してしまった

 残されたのは、全力で挑んだにも関わらず全く歯が立たなかった現実に愕然とする実
 同じく自分の実力を発揮するも通用せず、甲板に膝を落としうなだれる那岐

 実「あの男は何だったの……」

 那岐(…………

 実「どうすればいいんだろう、私たち
 これから、どうなるんだろう」

 那岐(…………

 キリ「ん?こんな所にいたのか
 2人とも、もうすぐ広島に着くから降りる準備しろよ」

 実「キリさん…………」

 キリ「どうしたよ実ちゃん、それに那岐も
 何かあったのか?」

 実「…………ううん、何でもないよ
 そうだ!私お腹すいちゃったから早く何か食べに行こう!」

 キリ「おう、何か元気なさげかと思ったけど大丈夫みたいだな」

 実「私はいつだって元気だよ!こういう所はお姉ちゃんと一緒なんだから」

 キリ「“残念ながら”が抜けてるぞ」

 実「キリさんお姉ちゃんの扱いがひどーいww」

 キリ「そうか?wwww」

 那岐(…………



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。