[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

熊本弾丸ツアー @興行場への依頼 その18


 土井「かと言ってボートの上だと俺の力が発揮できねえからな」

 実「そうなの!?
 何で?さっきみたいに土魔法使えないの?」

 土井「川底から引っ張り出して土の腕【ゴーレムアーム】作るのは出来る
 だけど水を排出する魔法は使えねーからな
 泥状だからすぐに形が崩れちまうんだよ


 ユーキ「じゃあどうするのー?
 人柱にでもなっとくー?」

 土井「黙っとけ、俺には俺なりの作戦があるんだよ」

 ユーキ「じゃあ教えてよー」

 土井「おう、ちょっと耳貸せや」



 くまもん「お、何かするつもりかもん?」

 実「次は私があなたの相手よ」

 船の縁に立って迎え撃つ体制を組む実
 目で相手の動きを牽制しつつ、口元に魔力を徐々に溜め込んでいく
 そして限界まで高めた魔力を勢いよく吐き出し
 急流を震わせる巨大な火の玉を出現させた

 それをアッサリ打ち抜くくまもんの火山弾
 完全に力負けをするも直撃の軌道からは辛うじて逃れられた

 ユーキ「まだまだよー」

 次はユーキが黒刀を阪神タイガースのマウロ・ゴメスの構えの様に振りかざす
 22弾 SSゴメス

 その動きを素早く察知したくまもんは左腕からスイカの蔓を出し
 構えた腕を強引に縛り上げ波動を撃たせない

 力を込めて引いてもギチギチと軋むだけでビクともしない

 ユーキ「あららー」

 くまもん「このまま川に引き摺り落としてやるもん」

 土井「やってくれよ、いやマジで」

 くまもん「何だモン?」

 土井「だからそこのクソ女を叩き落としてくれって」

 ユーキ「アンタもう味方じゃないでしょー
 後で覚えておきなさいよー!」

 くまもん「そんなことより……いつの間に川岸に移動したんだもん!?」

 土井「さっきの火の玉打ち合いの合間にな
 アレを目くらましにさせてもらって、まあ大技連発の隙を突かせてもらったぜ」

 水に濡れ、全力で泳いだからか息もやや切れ気味
 しかし、してやったりのドヤ顔を浮かべ岸部の巨岩に仁王立ちをする

 くまもん「くっ、油断してたもん」

 土井「そしてお前の弱点を狙うため
 挟み撃ちにしてやるよ」

 土を操る魔法を使い、土の巨腕“ゴーレムアーム”と戦靴“ゴーレムグリーヴ”を纏う
 船の上には再び印を構える実と、蔓に腕を捉われるユーキ
 主人公のクセに何もできない影の薄い傍観者キリ
 

 土井「見え見えだからな、お前の弱点」




スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。