[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

熊本弾丸ツアー @興行場への依頼 その25


 実「何これ…………
 巨大なサメ?」

 土井「地中鮫・ゲオザークだ
 コイツはあまり戦闘タイプじゃないが他に駒が無いから仕方がないが……
 まあ上手く立ち回れば、な」
 ゲオザーク③

 ユーキ「ちょっと不安よねー」

 土井「見てろよ、ゲオザークの実力をよ!」




 ゲオザークにかち上げられ、地面に叩き落とされたくまモンがヨロヨロと立ち上がる
 そして姿を見せた地中鮫を潰すべき敵と見なし、川を挟んで正面から対峙する

 ジリジリとした睨み合い
 くまモンは無機質な、ゲオザークは底知れぬ力を秘めた目を各々の眼に捉えつつ
 両者の中間地点を軸とし時計回りに半歩、また半歩と慎重に移動を行い
 相手を迎え撃つ体勢と最良のタイミングとを伺う


 先に動いたのはゲオザーク
 重心を思い切り後ろに下げ、大きなモーションで攻撃の仕掛けに入る
 地面を強く蹴り、巨体が空中に浮き一直線に突き進む
 ゲオザーク

 くまモンは次に来る攻撃を予測し瞬時に体勢を整える

 だが巨大な体躯からは想像できない程の速さ
 その見た目通り、体重の乗った強烈な突進

 相手に動きが読まれた場合
 それでも制する為に必要なのは予想以上の行為が必要だが
 ゲオザークのそれは、まさしく理想通りの一撃
 身構えたくまモンを力の籠った一撃で勢いよく吹き飛ばす

 倒れたくまモンが起き上がる前に追撃
 今度はやや上に飛び上がってのしかかり攻撃
 次いで鋭い牙を活かした噛み付きの連撃
 テンポの早さと手数を武器に、受ける姿勢を取らせる前にラッシュを浴びせる

 これには流石のくまモンも堪らず、腕力で強引に引き離し一度距離を取り、再び睨み合う
 動きが大きい分、次の攻撃は読みやすい
 読みの容易さをカバーする力強さも、見切ってしまえばどうとでもなる

 強襲さえ封じられれば一方的に有利な展開に持ち込める……

 だがゲオザークの選択肢は飛び道具であった
 鼻先から青白い破壊光線を放ち、くまモンに不意の一発を喰らわせる
 ゲオザーク④

 予想外の一撃によるダメージで動揺の色を隠せない
 この隙を逃さず、鋭い鼻を活かした強烈なフライングタックルを繰り出す
 だが寸前でこれを避けられ、ゲオザークは大きな隙を作ってしまう
 そこに黒く短い両手をかざし、得意の火山弾をお見舞いする


 土井「バーカ!!
 ゲオザークは地中鮫、水・地面タイプだから炎攻撃は効かねーぞ!!」

 キリ「え?」

 実「何で自ら弱点を言っちゃうかな!?」

 土井「しまった…………」

 くまモン「良いコト聞いたもん!」

 くまモンは攻撃を変更し、右手から熊本名産・スイカの蔓を伸ばしゲオザークを締め上げる
 負けじと蔓を引き千切ろうと左右に身体を振る
 それを制するかの如く、空いている左手からは巨大スイカが連射
 一発一発の重い弾丸が強靭な図体へと降り注ぐ


 だがその程度の攻撃では怯まない
 暴れるだけでは蔓を千切れないと踏んだのか、逆に今度は距離を詰める
 飛び道具に頼らない接近戦へと、熊本巨大怪獣決戦の様相は展開していく…………



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。