[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

春のキリさん南紀道中 その2


 3月13日 午後11時

 キリ「到着しました、三重県は松阪市」
 松阪駅

 ユーキ「きちゃったねー」

 キリ「なおここに向かう為の難波駅で青春18切符を買うのに手間どい
 終電を逃しかけたのは内緒

 青春18きっぷ 2015春

 ユーキ「自分から恥を公開していくスタイルー」

 田所「だから何で毎回初っ端から遅刻未遂かますんですか!?」

 キリ「悪い、次からはちゃんと準備するから」

 田所「何回そのセリフ言ってんですか」

 キリ「まあまあ、とりあえず思い切り羽根伸ばすぞー」




 キリ「その前に宿泊場所探しから」

 岡崎「これもお決まりのパターンよね」

 キリ「その町にネカフェがあると知ったら宿の予約は取らない
 それが貧乏旅行での一番大切な所だからな」

 ユーキ「一回どこにも泊まれなくて野宿しちゃえばいいのにねー」

 キリ「それはそれで一興」

 田所「ダメだこの人、もうどうにもなんないっす」

 岡崎「職場で鬼上司から与えられるストレスで精神が崩壊気味なの、許してあげて」

 田所「元々こんな感じだったと思うんっすけど…………」

 キリ「お、ネカフェ見っけ!」
 快活CLUB@松阪市①




 キリ「いやー、こんな時間にジュースもアイスも食べれるなんて最高だよな」
 快活CLUB@松阪市②

 岡崎「せっかく三重まで来たんだからもっとご当地的な物を食べましょうよ」

 キリ「深夜12時に開いてる店なんてコンビニくらいしか無いし
 しかもコンビニってあんまりご当地商品売ってないし」

 岡崎「それはちゃんと探さないからよ、きっと1品くらいはあったわよ」

 キリ「そうだったかねぇ
 まあいいや、今日は明日の英気を養うために寝よう」

 岡崎「はいはい、おやすみなさい」



 キリ「ふう…………」

 岡崎「大丈夫、無理しちゃダメよ」

 キリ「ああ、心配ない
 一晩寝て仕事の事をスッカリ忘れれば元気になるから」

 岡崎「…………」



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。