[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

この組み合わせだとボケに回るキリさん


 岡崎「キリ君、何してるのさ?」

 キリ「それはコッチのセリフだ!
 さっきまで生放送で岩手県にある慰霊の森にいたんじゃねーのか!?」
 慰霊の森・石碑

 岡崎「ごめーん、バズヴさん頭良くて日本語覚えちゃってさー
 通訳要らないってコトで返されたのよ、証拠に4話から登場してないし」

 キリ「…………ホントだ」

 岡崎「で、今回の祭典主催者から貰った航空券使って帰って来たんだ」

 キリ「よく雫石の人…………人が飛行機のチケットなんてくれたな」

 岡崎「でもJALしかくれなかったー」
JAL

 キリ「だろうな」

 岡崎「それで、事務所に戻ってから神社に行こうとしたらキリさんとバッタリってワケ」

 キリ「何で神社に行くの?観光?」

 岡崎「御祓いに決まってるじゃない……」

 キリ「それならいいモノあるぜ、コレさえあればどんな霊だってヘーキヘーキ」
 GO is GOD

 岡崎「何ですかこれは?」
 
 キリ「どんな災いからも身を守ってくれるありがたい紙、大丈夫だって安心しろよ」

 岡崎(後で御払いと一緒にこの紙も供養してもらおうかしら…………)

 キリ「そんなに紙見つめてどうしたんだ?もっと欲しいのか?」

 岡崎「こんな神々しいモノを複数持つなんて恐ろしい行為は遠慮させてもらいます(棒読み)

 で、そんなキリ君こそドコに行くつもりだったんですか?
 変な紙渡すから聞くの忘れるところだったじゃない!!」

 キリ「変なとは失礼な!
 それは某所で由緒ある神として名だk」

 岡崎「それはもういいから、ドコに行くんですか?」

 キリ「事務所で渚が荒れ模様だから、頭が冷えるまでりょ」

 岡崎「旅行!?分かった、私も今すぐ準備するからちょっと待っててね!」

 キリ「いや違うから!準備とかいらないから!」

 岡崎「日帰り旅行ですね!もう、キリ君それならそうと言って下さいよ!!」

 キリ「ちょっと岡崎さん!!」

 岡崎「そうとなれば善は急げ!今すぐ行きましょう!どの駅まで行くんですか?」

 キリ「ええっと、その、2つ先までー、お願いします」

 岡崎「はーい!!
 次回から始まる“キリと岡崎の小旅行”お楽しみにー」

 キリ「…………にー」





スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

キリ

Author:キリ
画像は秘書の岡崎さんです

9・13、人物紹介更新しました

リンクフリー・相互リンク大歓迎です

bloglam

Twitter

最新記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。